おしえて脱毛

どうする?ハイジニーナ脱毛のメリット・デメリットを知って賢く決断!

すべての毛を処理するハイジニーナ脱毛が大流行中!

憧れるけど、いざ自分がするとなると決断力が必要です。

ハイジニーナにするメリットは?デメリットは?

まずは詳しく知ってから、検討してみて下さいね。

ハイジニーナ脱毛とは

ハイジニーナ脱毛とは、デリケートゾーンを無毛にする脱毛方法です。

脱毛サロンの価格が手ごろになっている今、若い女性から年配の方まで、ハイジニーナ人気が高まっています!

現在では、ハイジニーナコースが人気ナンバーワンというサロンも少なくありません。

ハイジニーナ脱毛のメリット4つ


ハイジニーナ脱毛には素敵なメリットがいっぱい♪
この開放感はぜひ一度体験してみて欲しいです。

1.下着や水着を綺麗に着こなせる

ハイジニーナの魅力はなんといっても下着や水着を完璧に着こなせること。

VIO脱毛で毛を残した場合、処理は行っていてもどこかからはみ出るのでは?と不安が残ります。

その点、ハイジニーナであれば、どんなラインの下着、水着でもOK!

オシャレに敏感な女性から、特に支持されている脱毛方法です。

2.生理時の不快感からサヨナラ

ハイジニーナ脱毛のメリットは、オシャレだけではありません。

デリケートゾーンの毛が無くなることで、生理時が快適になるんです。

生理中に感じるムレやカブレが本当に起きなくなったと、サロンには感動の声が続々集まっています。

気になる生理の臭いも実は毛についた経血が大きな原因。

そのため、ハイジニーナにすることで、臭い対策で悩む必要も無くなるんです。

この快適さは、やってみた人だけが分かる特権!

閉経の平均年齢は50歳だと言われています。

早く脱毛すればするほど、気持ちよく過ごせる年数が増えていきますね。

3.実は男性ウケも良いんです!

ハイジニーナ好きな男性は意外に多いもの。

毛量があまりにも多い場合、それだけでがっかりしてしまう男性もいるようです。

彼氏と仲良く過ごしたいなら、脱毛は必須だと言えますね。

控えめに整えるのも良いですが、ハイジニーナの触り心地には勝てません。

すべすべの肌に触れ、虜になってしまう男性が続出していますよ。

4.将来の介護対策にも

ハイジニーナ脱毛サロンを訪れる女性の年代は様々です。

若い女性はもちろん、生理時の不快感をなんとかしたいと考える主婦層、さらに介護される場合を考えた年配の方まで、広く施術が行われています。

もし寝たきりになってしまったら……下のお世話を人へ頼むことになります。

その際、ハイジニーナであれば、洗ったり拭いたりといった介護がとても楽になりますよね。

なにより清潔な状態を保てますので、介助が必要になってしまったとしても、快適な毎日が過ごせますよ。

介護
ハイジニーナ脱毛なんて、水着を着る機会のある10代~20代の女性がするもの。 結婚して主婦となった今では無縁の世界……なんて思っていません...

ハイジニーナ脱毛のデメリット3つ


一方で、このような理由でハイジニーナに抵抗を持つ方もいるようです。

1.温泉に行くのが恥ずかしい

ハイジニーナ脱毛を行った場合、毛で隠されていたデリケートゾーンが見えてしまいます。

そのため、温泉などへ行くのが恥ずかしい、というデメリットがあります。

それでは、ハイジニーナ脱毛を行った女性が温泉を控えているかというと、実はそうでもありません。

湯船に浸かっていない時はタオルで隠すことができますし、人のデリケートゾーンをまじまじと見る人はいませんから、次第にタオル無しでも慣れてしまいます。

どうしても気になる場合にも、家族風呂や部屋風呂を利用すれば問題ありません。

水着OKの温泉施設へ足を運ぶのも良いですね。

2.パートナーの好みも考慮して

ハイジニーナ派の男性が多い中、自然なアンダーヘアが好きだという男性ももちろんいます。

そのため、彼氏や旦那様などパートナーがいる場合には、相談してから施術する方が良いでしょう。

また、ハイジニーナを理由にフラれることはあまりないとは思いますが、脱毛に抵抗がある男性も存在します。

あれこれ言われるのが嫌、という場合には、彼氏がいないタイミングでハイジニーナを目指しましょう。

処理が終わってしまってから、生まれつきムダ毛の少ない女性を演じればOKです。

3.最後まできちんと通わないと不自然な状態に

ハイジニーナ脱毛は、最後までやりきることが鉄則です。

もし、中途半端な状態で脱毛を止めてしまったら……濃いムダ毛が数本残ってしまうなど、逆に目立つケースもあるんです。

デリケートゾーンの脱毛は、期間が長くなりがちですから、必ず最後まで通うという覚悟でスタートしましょう。

価格面が気になる、という場合には、脱毛し放題で価格が決まっているサロンなどを選べば安心ですよ。

デメリットも分かった上でチャレンジ!

ハイジニーナ脱毛は、一度完了してしまうともう毛を生やすことはできません。

後悔しないためにも、メリットデメリットをしっかり把握してから始めましょう。

「実際に体験した女性の口コミをチェックしてみる」

「カウンセリングでスタッフさんの意見を聞いてみる」

など、まずは情報収集からスタートするのも良いですね。

まずはVIO脱毛からでもOK!

デリケートゾーンの脱毛をしたいけれど、ハイジニーナにするかどうか迷っている。

それなら、VIOの全照射から始める、という手段があります。

VIO脱毛で毛を残す場合でも、全体的な濃さを薄くするため、初めの数回は全照射を行うサロンが多くあります。

2~3回の全照射であれば、また毛が生えてきますので、一度照射後のつるつる状態を体験してみましょう。

ハイジニーナの快適度合いや、恥ずかしくないかどうかを知ってから、自分に合う合わないを考えると良いですよ。

さいごに

たくさんのメリットがあるハイジニーナ脱毛。

その一方でデメリットもありますので、決断は必ず自分でしたいですね。

でも大丈夫。

VIO脱毛を選んでも、ハイジニーナを選んでも、必ず今より快適で心地よい毎日が待っていますよ。

ポイントサイト用

こちらの記事もオススメです

VIO脱毛には興味はあるけれど、デリケートゾーンを人に見られるなんて恥ずかしい…。 カウンセリングでもよく聞く不安のひとつです。 あ...
VIO脱毛ってどんな格好で施術するの? 脱毛の間、恥ずかしくない? 詳しい施術方法を、事前にチェックしちゃいましょう! 気になるV...

おしえて脱毛!脱毛ママの脱毛サロンおすすめランキングTOP

関連記事

我慢できない!Vライン脱毛でかゆみが出るって本当?

Vゾーン脱毛で全照射してもちゃんと生えてくる?回答と私の体験談!

Vライン脱毛の範囲と形にはどんなパターンがあるの?

介護

将来の介護対策に!今30代からシニアの女性のハイジニーナ脱毛が急増中!

Vライン脱毛に必要な回数と期間はどれくらい?

Vライン脱毛すればアンダーヘアの毛量を減らすことが可能!その方法は?