おしえて脱毛

将来の介護対策に!今30代からシニアの女性のハイジニーナ脱毛が急増中!

介護

ハイジニーナ脱毛なんて、水着を着る機会のある10代~20代の女性がするもの。

結婚して主婦となった今では無縁の世界……なんて思っていませんか?

実は今、30代・40代・そして50代以上の女性のハイジニーナ脱毛が大流行中なんです!

いったいなぜ?その納得の理由に迫ってみましょう。

シニア世代にハイジニーナ脱毛が人気の理由4つ

1.いくつになっても気になる、ショーツからはみ出たムダ毛

ビキニライン

ビキニラインのムダ毛が気になるなんて、若いうちだけだわ!

そんな風に思っていませんでしたか?

でも、実際に自分が30代になってみると、やっぱり気になるショーツのムダ毛。

ある程度生活に余裕も出てきて、ちゃんとした下着メーカーのレースの綺麗なショーツを身に着けられるようになっても、ムダ毛がはみ出ていては魅力も半減ですよね。

誰に見せるものでもない……と思っても、やっぱり家族には見られるわけだし、夫の前ではいつまでも綺麗な妻でいたいものです。

それに、何より毎日目にする自分の気持ちを、がっかりさせてしまいます。

30代になると仕事でも子育てでも責任が増え、どっと疲れて帰る日も増えてきます。

やっと迎えた1日の終わりに、自分の手入れされていないぼっさぼさのビキニラインを見ると、心底くたびれた気持ちになってしまいますよね。

若々しい張りのある気持ちを保つためにも、いくつになったって見えないところの身だしなみはとっても大切なんです。

2.温泉旅行やママ友とのプール…シニア世代でもVラインを見られる場所は意外に多い!

温泉旅行

また、デリケートゾーンを見られるのが今後家族か自分だけ……とは限りません。

子どもが大きくなってきたら、ママ友と家族ぐるみでプールに行くという事もあるでしょう。

さらに大きくなって子どもが手を離れるようになったら、地域の婦人会で温泉旅行、なんてこともあるかもしれません。

そんなイベントがなくても、ちょっと近くの銭湯に行ったりと、人前でビキニラインを出す機会って、実は結構よくあるんです。

普段自己処理することも少ないビキニライン。

うっかりしてたら、ぼさぼさのビキニラインを目撃されてしまった!

なんてことのないように、日頃からきちんと手入れしておく方が身のためですよ。

3.ハイジニーナにすると更年期にむけての生理期の不快感がぐっとラクに!

ナプキン

生理前のイライラ・もやもやの続くPMS期から、下腹部痛の強い生理中までの期間。

ハイジニーナにしておくと、実はこの期間をとっても快適に過ごすことが出来るんです。

デリケートゾーンのムダ毛をそのままにしていると、おりものや経血が毛に絡まって、むれやかぶれ、かゆみの原因に。

ムダ毛が無ければいつでもさらっと、快適な状態で過ごせるので、ストレスを大幅に軽減することが出来ますよ。

特に生理前のPMSは、更年期に入る40代に向けてどんどん症状が強くなる女性が多いと言われています。

毎月PMSと生理痛に悩まされている……それなら、1日でも早い脱毛を強くおすすめします。

4.将来の介護対策にもハイジニーナ脱毛が流行中!

介護

さらに最近は「将来の介護対策に」と、ハイジニーナを希望するシニア世代の女性が増えています。

最近は歳をとって自分で生活するのが難しくなると、老人ホームなど介護施設に入所する方が増えています。

そこでヘルパーさんに介助してもらうわけですが、やっぱりぼさぼさの状態で下の世話をしてもらうのは、ちょっと抵抗があるわ……と感じる方が多いようです。

早い段階でデリケートゾーンのムダ毛を脱毛しておけば、入浴が難しくなっても清潔が保てますし、ヘルパーさんに見られても手間をかけることもなく安心ですね。

なにより常に清潔でいられることで、自分自身の自尊心を保つことが出来ます。

 

このように、一見若い時しか必要なさそうなハイジニーナ脱毛も、実は30代以降からシニア世代にかけての女性にとっても必要性の高いものだということがわかります。

いつかしよう!と思うのなら、少しでも早く脱毛しておいた方が、より快適な期間を長く楽しむことが出来ますよ。

すべての毛を処理するハイジニーナ脱毛が大流行中! 憧れるけど、いざ自分がするとなると決断力が必要です。 ハイジニーナにするメリットは...

シニア世代はVIO脱毛とハイジニーナ脱毛、どちらを選ぶべき?

デリケートゾーンの脱毛は、大きく分けて真ん中の三角を残す「VIO脱毛」と、すべて無毛にする「ハイジニーナ脱毛」の2つの脱毛が主流です。

デリケートゾーンの脱毛をしてみたい。 そう思って検索してみても、出てくるのはVIOという言葉ばかりですよね。 VIOって一体何? ...

30代からシニア世代にかけての女性がデリケートゾーンの脱毛をする場合、どちらを選んだ方が良いのでしょうか?

必ずしてほしいのは「Iライン」と「Oライン」の脱毛

Iライン

まず、シニア世代の方がデリケートゾーンを脱毛したときのメリットを最大限受ける場合、「Iライン脱毛」と「Oライン脱毛」は絶対に外せません。

いくらショーツの横の部分をキレイにしていても、Iラインにムダ毛があればやっぱりショーツからははみ出してしまいます。

それに、生理時に蒸れやすい部分もIラインからOラインにかけての部分。介護のときに見られるのもこの部分ですよね。

ですので、「Vラインのサイドを単品で」という申し込み方法は、たとえお得でもメリットがあまりないので止めておいた方が良いでしょう。

ハイジニーナ脱毛を選んだ場合には、V・I・Oラインすべてが含まれていますので安心ですよ。

最近は完全に無毛の女性も増えている

ハイジニーナにするなんて、逆に見られたら恥ずかしい……!

そう感じる方もいるかもしれません。

けれど、今ハイジニーナ脱毛は脱毛サロンでもワキと人気1・2を争うほど大人気のコース。

毎月多くの女性が、ハイジニーナ脱毛に申し込んでいると聞いています。

これからは、ビキニラインが無毛なのは当たり前になる時代。

すでに海外では当たり前になっていて、スポーツ選手などは男性でもハイジニーナを選んでいるんですよ。

温泉に行っても、ハイジニーナの女性が以前よりも増えてきていることに気づけるはずです。

そうはいっても、やっぱり抵抗があるし、後悔しそう……。

そんな方は、Vの中央を控えめに残しておきましょう。

残した部分は後で挑戦したくなったら、また脱毛をすればOKです。

ちなみにもし中央部分を残す場合も、出来れば初めの2~3回は全照射しておくことをおすすめします。

そうすれば、全体の毛量が減ってよりナチュラルなビキニラインを作ることが出来ますよ。

全照射したときには一度つるつるのハイジニーナが体験できますので、そのときに魅力を感じたら、その時点でハイジニーナコースに切り替えても遅くはありません。

Vライン全体の毛を薄くしたい。 薄くてふんわりとしたアンダーヘアって憧れますよね。 脱毛サロンなら、そんな希望も叶えることが可能! ...

さいごに

30代も過ぎちゃったから、今更脱毛なんて、もったいないよね……。

そう思って諦めてしまう事こそが、とってももったいないです!

人生はまだまだこれから、そして、ムダ毛に悩まされる期間もまだまだ沢山残っています。

いい加減、このムダ毛の悩みから解放されたい!

可愛いショーツを、思いっきり自由に履きこなしたい!

そう感じるなら、ぜひハイジニーナ脱毛に挑戦してみてくださいね。

きっと半年後には、「始めてよかった!」と実感できる日が来ると思います。

ポイントサイト用

こちらの記事もオススメです

『デリケートゾーンの脱毛は初めて』という初心者でもチャレンジしやすいVライン脱毛。 ビキニラインとも呼ばれるこの部位を脱毛することで、下着...
Vラインの脱毛、今スタートしたら、終わるのはいつぐらい? 何回ぐらいお手入れに通ったらキレイになれるの? ここでは、気になるVライン...

おしえて脱毛!脱毛ママの脱毛サロンおすすめランキングTOP

関連記事

デリケートゾーン脱毛のVIOってどこの事?

どうする?ハイジニーナ脱毛のメリット・デメリットを知って賢く決断!

Vライン脱毛に必要な回数と期間はどれくらい?

我慢できない!Vライン脱毛でかゆみが出るって本当?

サロンで見られるのが恥ずかしい…VIO脱毛ってどんな格好でお手入れするの?

Vゾーン脱毛で全照射してもちゃんと生えてくる?回答と私の体験談!